PMSー月経前症候群

PMS(月経前症候群)とは?


PMS改善サプリ
新着記事一覧

PMS(月経前症候群)とは?


月経が始まる1〜2週間前から起こる、頭痛や肩こり、手足のむくみ、乳房のハリ、イライラしたり、集中力の低下などの不快な症状を月経前症候群(PMS=Premenstrual Syndrome)といいます。

PMSのはっきりした原因はまだ良く分かっていませんが、月経をコントロールしている2つのホルモン、エストロゲンとプロゲステロンのうちの、排卵後に出るプロゲステロンが原因のひとつと考えられています。

プロゲステロンには、体温を上昇させ、水分を溜め込み、腸のぜん動を抑える特性があります。プロゲステロンの急激な増減によって脳の視床下部がバランスを崩し、これによってPMSにみられる不快な症状が現れるといわれています。

PMSの症状は、そろそろ生理が来るという感じがする程度から、日常生活に支障が出るほど辛いひとまでさまざまです。

月経が始まると症状もおさまるので、自分でPMSと気づかない人も多いと思います。

以前は、30歳代の女性に多かった症状ですが、最近PMSの患者は、20代の女性も多く、患者そのものの数も増加しています。

女性の月経周期は、ホルモンバランスの変化によって卵胞期・排卵・黄体期・月経という4段階に分かれます。この周期は20日から40日で、人によって違います。

周期を知るには、基礎体温を付けてみましょう。自分のホルモンバランスのリズムがだいたいつかめてきます。

リズムがつかめてくると、自分の体の神秘的な部分を知り、いとおしくなってきますよ。



子宮を温めるカイロ

よもぎホットシート